WowTalk AIのご紹介💡

皆様の生活でもよく耳にするであろうChatGPT。

これがWowTalkの中でも無料で使用できること、ご存じでしたか?

 

今回は、大規模自然言語モデル「ChatGPT」を活用した生成AIチャットサービス

WowTalk AIの基本的な機能についてご紹介いたします☝

AIを使って日々の業務を簡略化・効率的にできること間違いナシ!です😎

 

WowTalk AIの使い方

① 管理画面で、機能利用許可しましょう!

まずは機能をONにする必要があります。

貴社WowTalk管理者様に対応をご依頼いただくよう、お願いいたします🙇

詳しい手順はこちら

 

② 使用アプリ・ソフトをアップデートしましょう!

下記リンクにアクセスいただき、該当のボタンを押下し、インストール・アップデートを完了させてください。

アプリダウンロード

③ AI対話を開始しましょう!

1.「AI対話」>「+新規」>「AIチャット」の順にクリックします。

2.質問内容を入力します。

3.送信ボタンをクリックすることで内容が送信され、回答が返ってきます。

 

WowTalk AIの種類

① AIとトーク

ユーザーからのさまざまな質問に対して、論理的かつ一般的な回答を返すAIチャットサービス。

AIに役割を与えることで、キャッチコピーやPR文などの文章作成のサポートにも活用できます。

例えばこんな使い方
・日常の業務で浮かんだ疑問についてAIに質問し、回答を得る
・報告資料用の文章作成時、文字数を指定してAIに文章を要約させる
・AIに役割を与え、プレスリリース用の文章の初稿を作成させる

 

 

② チームで利用(登録データに基づいたAIとトーク)

全社員が共用で使えるAIチャットサービス。

管理者は最大5つまでオリジナルのAIを登録することができ、それぞれに任意のデータを登録。

AIはそれを学習し、データに基づいてユーザーからの質問に対して回答を作成します。

例えばこんな使い方
・「人事AI」を作成し、人事労務に関する問い合わせ対応をAIにお任せする
・「情報システムAI」を作成し、社内ITに関する問い合わせ対応をAIにお任せする
・「製品開発AI」を作成し、製品に関する社内からの問い合わせ対応をAIにお任せする

 

 

③ 個人で利用(登録データに基づいたAIとトーク)

ユーザー自身の手でカスタマイズできるAIチャットサービス。

ユーザー自身が学習させたいデータを最大20個までAIに登録できます。

AIはそれを学習し、データに基づいてユーザーからの質問に対して回答を作成します。

例えばこんな使い方
・【営業】自社製品の関連情報を登録し、自分専用の「製品開発サポート」として活用
・【テクニカルサポート】過去対応履歴を資料化して登録し、いつでも引き出せる形で情報を蓄積
・【マーケティング】業界の調査資料を登録し、情報収集の作業を効率化
https://www.wowtalk.jp/functions/ai.html
無料の機能ですので、ぜひぜひ簡単に使える①、③からお試しください!😄
おすすめの記事
共有投稿を特定の相手だけに送りたい!
導入3ヶ月以上ユーザー向け
共有投稿を特定の相手だけに送りたい!
共有記事やアンケート記事を個人単位に共有したい事はありませんか? 共有は「部門単位」で宛先を決める為、基本的に1人ずつ選ぶことが出来ません。...
日報機能リニューアル?
導入3ヶ月以上ユーザー向け
日報機能リニューアル?
本日は先日リニューアルがありました日報機能の紹介です~?? 今回何がリニューアルされたの!?ということで紹介しちゃいます?‍♀️ より直...
ログイン制限 第二弾 ~「端末制限」と「PC端末制限」~
導入3ヶ月以上ユーザー向け
ログイン制限 第二弾 ~「端末制限」と「PC端末制限」~
前回に引き続き「ログイン制限」のご紹介です🙆‍♂️✨ 今回は第二弾として「端末制限」と「PC端末制限」についてご案内します! ※前回の記事...